DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ「小説」


最近読んだ「小説」についての記録。
昔からねじまき鳥クロニクルのような長い長い作品が好きだったのですが、
最近は時間の都合もあって、短編を多く読むようになりました。
てか、不意に短編集的なものを借りたのがきっかけかも。
が、今度は物量が増えてしまったようで・・・。
なんかもっと読んだ気もするけど。

【“最近読んだ「小説」”の続きを読む】
スポンサーサイト

「saw 2」


「 saw 2 」

映画館情報調べたら、市内でやんないのね・・・。
・・・前にも書いたけど、気になる事があったので。
暗い部屋で(必須)、ヘッドホン付けたら(必須)、リンク先の 「 目 」 をクリックしよう!
進んで進んで、最後のタイマー、0まで待ち続けたら何が起こるんだ??
待てません!

「 パズラー 」




「 パズラー 」を観る。結構前に。
-----------------------------------------------------------------
5人の若者。山荘。3人の男の謎の死体と黄金の首飾り。
黄金に目が眩んだ彼らは、死体を処理して首飾りを売りさばこうと企む。
-----------------------------------------------------------------
saw とか less とかと同列の扱いだったので借りてみたのだが、
はっきり言ってつまらないのでした。

「 オールド・ボーイ 」



「 オールド・ボーイ 」を観る。結構前に。
日本の漫画を韓国にて映画化したもの。
-----------------------------------------------------------------
平凡なサラリーマン。15年の監禁。突然の開放。監禁の理由を求める復習劇。
-----------------------------------------------------------------
映像がテンポよくかつ暴力的。肉体的に痛いの駄目な人は駄目だろうね。
残念ながら、それほど印象に残る映画でもなかったです。

「ロンドン・アヴァンギャルド」




「 ロンドン・アヴァンギャルド 」 を読む。結構前です。

浜田邦裕氏の書き言葉がもはやアヴァンギャルド。ザハすら簡単にぶった切る。
ポンピドーセンター、ハイテク群像、メンデルゾーンの亡霊、ナチス、近代建築…。
いわゆる脱構築建築家や超ハイテク建築家が揃い踏み。
ルベトキンのペンギンプールも大きなベンチマークとして掲載されている。
20世紀後半にAAスクールが残した功績の大きさに驚く。
tigerもそうなるのかなと考えるとうらやましい。がんばれ!


「リアリテ ル・コルビュジェ」




「リアリテ ル・コルビュジェ」 を読む。実は結構前に。

各建築家の講演を記録したものなので、すべて話し言葉です。
故に内容が難しい部分でも比較的読みやすい。
鈴木了二氏の、コルビュジエがどのようなメディア戦略を考案していたのかという考察が面白い。
CIAMを利用したメディア戦略によってコルは近代の巨匠となりえた・・・のか?
図版も巻頭に多く掲載されていて、やっぱり、すげぇなぁ、と・・・。
まいった。

「less」




「 less 」 を観る。これまただいぶ前の話。

---------------------------------------------------------------
車という密室。森という限定空間。全編を通じた暗闇。無限ループ。謎の女。
BGMはいらない。車が停まると一人死ぬ。迎えに来るのは黒塗りの車。
---------------------------------------------------------------

どことなく日本的な精神的恐怖を導くカルトムービー。
恐怖を煽る方法として、克服できないであろう圧倒的恐怖を繰り返し、
観客に「嫌な期待」をもたせるという方法があるが、
それをよくここまで磨き上げたもんだと素直に感動。
ラストは・・・秘密。
「 saw 」に負けないくらい観入った。

「saw」




「 saw 」 を観る。実は相当前の話・・・。

--------------------------------------------------------------------
老朽化したバスルームで対角線上に倒れていたふたり。その間には自殺死体。
足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、テープレコーダー、
一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。
犯人から告げられたメッセージは「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。
--------------------------------------------------------------------

密室という限られた空間のみで展開するストーリー。
予想外のラストシーン。(途中で気づく人もいると思います)
こういうテイスト好きの僕にとっては相当に面白い作品。
なんと今秋には 「 saw 2 」 が公開されるようです。
HPがすでに怖すぎる・・・。
超観に行きたい。



NANA


休憩な感じで映画レポ。去る10月1日、 NANA (movie) を見てきました。
漫画は全部読んでいたので、既知のストーリーを映像でなぞることになる。
どのように再現されているのか!?という興味。
主演2人がツボという興味。



【“NANA”の続きを読む】

読書の秋①


BOOK OFFで105yenの本を買いまくっている私。


知識の彫刻である本にも賞味期限があるという悲しい事実を知りました。
これって不思議じゃないか??

最近は読書の秋ということもあって、本を読みまくっています。
ジャンルは問わないけれど、少しだけ建築書から離れてみています。
もっと大量にありますが、まずはこの辺から。

【“読書の秋①”の続きを読む】
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。