DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢合宿 2日目


田崎美術館 → セゾン現代美術館 → ??チャペル

**********

夜遅く、寧ろ朝までトランプなんかやってしまった為、起床時間が大幅に遅れる。
昼過ぎだろうか、まずは田崎美術館に向かう・・・。

田崎美術館 (設計:原広司)

5.jpg


我が大学の隣の図書館を設計した方の設計です。
が、その外観は、アレと間違われたという逸話もあるらしい・・・。
中庭で結婚式を行っていたため、中に入ることはできませんでした。
残念です。



セゾン現代美術館 (設計:菊竹清訓)

6.jpg


メタボリズムの中心人物、日本の建築会をリードする巨匠、菊竹清訓氏の設計。
内部はスロープや階段を効果的に用いて、上手に人を誘導し、美術品を見せる、巡回型空間。
結構基本に忠実な感じがしたので、動線の勉強になりました。

コレクションに関しては、これまたスゴイ・・・。
ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、マルセル・デュシャン、マン・レイ、ジョアン・ミロ、
ジャスパー・ジョーンズ、マーク・ロスコ、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、等、
現代美術を見る上で外せない、また、興味のある人なら一度は聞いたことのある作家が揃い踏み。

個人的にはAnselm Kiefer(アンセルム・キーファー)。
ユダヤ人迫害をテーマとした作品群に、泣きそうになった。
気圧されて後ずさりしてしまう位、ガツンと、暗くなるような、考えさせられるような。
僕はウォーホルやリキテンスタインなどポップなものより、
こういうテイストの作品が、好きと言っていいのかわからないけど、感じます。
感銘を受けた。

この美術館は、建築やコレクションだけではなく、ランドスケープの計画が美しい!!
ランドスケープといえばG.アスプルンド、ストックホルムに行って見たい。
庭園にはイサム・ノグチの作品もありました。ちっちゃかったけど。

??チャペル (設計:??)

7.jpg


洞窟チャペル。何も情報が無い状況でフラリと立ち寄ったのだが、荘厳。
ガウディのニオイを感じた。

**********

夜はやはりトランプ大会。

4.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/112-efb7cdf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。