DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢合宿 3日目


ペイネ美術館 → 絵本の森美術館 → エルツおもちゃ博物館
→ 軽井沢高原文庫 → 小さな森の家 → ショッピングモール


時間が短かった割には盛りだくさん。
デジカメが電池切れ気味だった為、写真はあまり撮れず・・・。



ペイネ美術館 (設計 : アントニン・レーモンド)

アントニン・レーモンドが日本のアトリエ兼別荘として設計したものを移築。
現在は「ペイネの恋人たち」シリーズで世界中で親しまれているフランスの画家、
レイモン・ペイネの作品を展示する美術館として利用されている。
幸せになれる、柔らかい絵を描く人だなぁ・・・と感じました。
移築の時に湖の展望を得る為に配置を変えたらしい。
が、古きよきアメリカを彷彿とさせるような気持ちの良い建築でした。

絵本の森美術館・エルツおもちゃ博物館

来年からお世話になる予定の事務所が設計、故にしっかり空間構成をみてきました。
絵本の森美術館の天井は木造の木組みがむき出しになっているのですが、
RCには見られない美しさがあり、感動。
昔からああいう職人の苦労が見えるものは好きです。

小さな森の家 (設計 : 吉村順三)

9.jpg


かの有名な軽井沢の別荘。建築勉強している人なら誰もが知っている。
車が停めてあったため、さすがに家宅侵入はいけないということで、遠くからパシャリ。
書籍で何度か見たことはあるけれども、改めて実物を拝見すると、
思ったよりも更に小さい印象をうけました。
中に入ってみたかった・・・。

軽井沢ショッピングモール

10.jpg


ただのショッピングモールだと思うこと無かれ。素晴らしくデカイ!!美しい!!
左上は駅のデッキからの眺め。
低層にすること+赤い三角屋根は、避暑地軽井沢の雰囲気を盛り上げる。
左下はエントランスから一番遠い端にあるデッキ。歩くとポコポコ音がして気持ちがいい。
天井面の集成材のシェルが美しい・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/113-e96dd9d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。