DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受賞。part2


ロゴマーク採用で喜んでいたら、なんともう一つ受賞してしまった。
『消費者自立に関する論文』だ。400字詰原稿用紙20枚という、僕にとっては長大な文章だ。
これにはびっくりした。すげぇ嬉しいぞ。
記録のため概要を載せてみる。

****************************************************************************
-------------------------------------------
ITによって消費者の生活の質を向上させるために
~私が考える“消費者の自立”支援策~
-------------------------------------------
1・はじめに

   IT(情報技術)の発達が生み出した空間と時間の概念の無い世界
   ITの利便性の影にある多くのトラブルの可能性


2.動向と課題(3つの視点)

   「消費者」が持つ問題(CtoB)
       )情報リテラシーの欠如
       )「ITはゆたかな消費生活を創造する“道具”でしかない」という認識の欠如

   「生産者」が持つ問題(BtoC)
       )消費者の個人情報・プライバシーの漏洩
       )情報公開(ディスクロージャー)、説明責任(アカウンタビリティー)の欠如

   「消費社会全体」が持つ問題(双方向コミュニケーション)
       )高齢者や障害者など、ITに慣れ親しむ環境に無い人々に対する排他性
       )ITトラブルにかかわるカスタマーセンターの充実・強化


3.施策の提言

   (1)情報リテラシー教育の義務化・無料化の推進
   (2)経済産業省によるセキュリティーシステムの検査・指導
      カスタマーセンターの持つ情報のホームページによる公開の義務化推進
   (3)情報のユニバーサルデザイン化
      情報化関連トラブルに係る啓発用資料の作成及び配布・相談体制の整備


4.終わりに

****************************************************************************

キモいわ、これ。つまんねぇし。
でも本文にはすこぉしだけ浪漫入れたけどね。

僕はここ3ヶ月仕送りをもらっていないし、奨学金ももらってない。
(家賃だけは何とかお願いできた。)
自業自得だが、来年の授業料を稼がなくてはならない。
バイトしまくってるが、はっきり行って生活は厳しい。
友人に借金もある。

来月のバイトのシフトを見て、自分で書いたにも関わらず愕然とした。
「こんなに入って8万弱しか稼げないのか」
「生活はできる。でも来年の授業料なんて無理だ」


つまり懸賞生活に賭けるしかないのだ。
今新しく4つのコンペをやっている。形になったら3つは出したい。

なんつったって生活がかかっている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/20-a2d19118
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。