DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アーキラボ」




現在六本木ヒルズの森美術館にて開催されている展示会の作品集。

アーキラボ
~建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005~


この展示会が、一冊の書籍として発売されています。
お金が無かったのですが、どうしても欲しくなり、購入してしまいました。
でも、この分厚さと大量のオールカラー図版、内容の濃さを考えれば安いものです。
ちなみにたかが3200円です。

有名どころでは、といっても僕が知っている限りではありますが、
レム・コールハース、ザハ・ハディド、ダニエル・リベスキンド、ベルナール・チュミ、
日本からも菊竹清訓さん、黒川紀章さん、牧文彦さん、伊藤豊雄さん、丹下健三さん等々、
有名ところは網羅されています。
阿部仁史先生も堂々と掲載されています。

これでほんの一部です。
建築家90人・図版440点・主要論文9本というごっつい内容です。

基本的にノンスタンダードな建築が中心な印象をうけました。
実現可能ではあるが、世の流れとかけ離れているために、紙の上でしか成立しないような・・・。
でもだからこそ構造的・造形的に面白く、コンセプトも現実を直視させるような、
皮肉まじりでありながら明確な解決策を打ち出しているような・・・。

僕は基本的にムズカシイ横文字を使うのも、読むのも嫌いなのですが、
 (熟練した専門家同士の会話ならまだしも、僕たちの日常会話では誤魔化しにしか聞こえない。
 ・・・すみません。ただの主観ではあります。)
この本は図版を見ること自体が面白く、そこから文章を読むと、何か響きました。

***

ちなみにこの展示会は3月13日までやっています。
観に行きたい !!
行きたくね ?
俺は行くよ?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/45-711ecc19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。