DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「visions of architecture」




「visions of architecture」2を読む。

長岡造形大学の山下研究室の生徒の作品集。
H先生の研究室に「1」があるアレの、2冊目です。
「1」は、建築と、植生・微生物・地形・環境のかけ合わせですさまじい造形を制作していたが、
今回はいろは坂の茶屋の計画をもとにして、「建築と花」というテーマで行っていた。

響きがどことなくエロいと思うのは僕だけでしょうか?

この凄さは僕には説明する事ができません。
いろは坂という無茶な敷地に建築するための難解な架構構造、
これまた豊かな自然に溶け込み同時に主張する造形、感動しっぱなしでした。
年が同じくらいなのにココまで建築と真摯に向き合う姿勢、
見習わなきゃな、と、思いました。

これまたやっぱりこういう視点でみてしまうんだけど、
この研究室は、プレゼンボードが美しすぎる。
このままグラフィックデザインの世界に持っていけるような美しさです。

第一印象通り、どこか淫靡な建築作品集でした。
見たい人は言ってください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/46-6422c1ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。