DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旗竿型の敷地について考える。


 先日久々に仙台に帰ってきた。仙台駅近辺に超早朝に到着し、すぐに帰るのもどうかと思い、路地探検をした。というのも、前期に都市部における住宅について考えてみようと思っていて、敷地選定の為の下見を行なっておこうと思ったから。そこで面白い事に気が付いた気がした。もしかしたら僕だけ気付いていなかっただけかもしれませんが・・・。

 住宅密集地域である通町近辺を徘徊していて思ったのだが、いわゆる「旗竿地」がたくさんある。何でだろうと考えた。住宅の建ち方っていうのは、現代の日本においては、

   ①地域 (交通インフラ、地域用途の決定)
   ②敷地 (均一で平等な区割りの決定)
   ③住宅 (個人の生活領域の決定)


の順に計画されるような気がする。そして①と②に関しては未来の居住者の意志は反映されず、完全に行政の意思の元で決定されている。つまり、②と③の間には大きな壁がある。住民は行政が定めた敷地の中でしか建設を許されていない。

 そもそもこの順番が間違っているんじゃないか?というのも、人間がダイレクトに利用するのは住宅であって、過程の真中に住民がタッチできない区割りという行程があることによって、様々な弊害が出ているのではないかと。例えば隣地境界に接して建設してはいけないというルールであったり、玄関や駐車スペースが旗竿地の奥に深く入り込んでしまったり、四方を住宅に囲まれた敷地になってしまったり・・・。

 この辺は法規を調べなくてはいけない部分だとは思うが、そもそもどうしてこのような順番で行なわれるようになってしまったのだろうか。言葉で示すだけならば、この解決は簡単な気がする。

 ①→③
へとダイレクトに繋ぐ。・・・近隣住民と喧嘩になってしまうか?
 ①→(②+③)・・・これはいいんじゃない?

 道路と敷地の関係を見るのではなく、道路と住宅の関係を見ろって事なのか??通町の一区画を更地にして、道路と建築の関係のみから個人住宅群を計画したら面白そうだと感じた。今考えるとコーポラティブハウスの考えにも似ている気はしたが、都市部における交通インフラや、マクロで見たブロックという区割りへの適応性や増殖性を考えると、少し違ったものになるのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/79-216daeef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。