DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台中華街計画


有名な話だが、仙台市の長町に中華街を誘致するという計画がある。
昨日、中国浙江省の投資グループである中瑞財団が来仙し、
プレゼンテーションを行なったというニュースが流れていた。
それに関して私的に思う事。



まず、概要は以下の通り。

 大型商業施設「仙台空中中華街」
 実現すれば、日本で初めての中国企業による大型商業施設誕生。
 延床面積5万6800平方メートル。
 地上9階、地下1階建てを予定。
 階段状に構成した地盤に約200のテナントを誘致。
 階段状の敷地に中華レストランや物販店、アミューズメントフロアを設ける。
 2007年完成予定。


確かに開業当初は集客が望めるとは思うけれど、すぐに退廃してしまう気がする。
そもそも中華街って突然出現するものじゃなくて、
日本で暮らす中国人が多い地域で中国色の強い店舗が密集し、
それが大きくなって出来上がるものじゃないのかなぁ・・・?

現在長町にはSEIYUとシネマコンプレックスからなるモールもある事だし、
結局は顧客の奪い合い、採算は望めない気がします。
有名な所では横浜と神戸の中華街があるけれど、人口がまるで違います。
たかだか100万都市である仙台に、それほどの潜在顧客がいるとは思えない。
ラーメン国技場も開業当初は集客があったが、今覗いてみると厳しいように感じます。
先行投資が莫大なこのプロジェクト、失敗したら損失も超巨額になるだろう。

イメージパースも・・・レム・コールハースと比較にならないくらい景観破壊でした。
(レム・コールハースは私は好きです。)
まるで一昔前の香港のスラム(?)のような。

ニュースによると仙台市長はまんざらでもないようですが、
日中関係を考えた上でももう少し考える必要を感じます。
というか、国際問題と事業誘致を全く別物として扱う日本という国はすごいです。
これはマスコミの罪だと思います。
外国では中華街が麻薬や売春の温床になっているケースも多いらしいです。
ここは広大でロケーションに恵まれた好敷地。

・・・とは言っても、日本で類をみない都市像はできあがるとは思います。
反対!というわけではありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://0827hiro.blog3.fc2.com/tb.php/81-daebabee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。