DESIGN apartment

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグパレット福島 ~達人キャンプ2日目~


a.jpg


BIG PALETTE 福島 (設計 : 北川原温氏)

キャンプの帰り道、ご飯を食べに寄った店のとなりにそれはあった。
北川原温先生設計のコンベンションセンター、ビッグパレットふくしま。
偶然の発見に相変わらず俺とONOQの2人は大盛り上がり。やっぱり2人。
達人キャンプのはずが、一瞬にして建築巡礼モードに切り替わる。
皆が近くのゲーセンで遊んでいる隙に、写真撮影会に向かったのでした。
設計者のHPに鳥瞰写真が紹介されていたのですが、
コールハースのコングレキスポのような卵型。

【“ビッグパレット福島 ~達人キャンプ2日目~”の続きを読む】

軽井沢合宿 3日目


ペイネ美術館 → 絵本の森美術館 → エルツおもちゃ博物館
→ 軽井沢高原文庫 → 小さな森の家 → ショッピングモール


時間が短かった割には盛りだくさん。
デジカメが電池切れ気味だった為、写真はあまり撮れず・・・。

【“軽井沢合宿 3日目”の続きを読む】

軽井沢合宿 2日目


田崎美術館 → セゾン現代美術館 → ??チャペル

**********

夜遅く、寧ろ朝までトランプなんかやってしまった為、起床時間が大幅に遅れる。
昼過ぎだろうか、まずは田崎美術館に向かう・・・。

田崎美術館 (設計:原広司)

5.jpg


我が大学の隣の図書館を設計した方の設計です。
が、その外観は、アレと間違われたという逸話もあるらしい・・・。
中庭で結婚式を行っていたため、中に入ることはできませんでした。
残念です。

【“軽井沢合宿 2日目”の続きを読む】

軽井沢合宿 1日目


軽井沢駅 → 南ヶ丘美術館 → メルシャン軽井沢美術館

s.jpg


AM11:00、軽井沢駅に到着。
研究室の先生の別荘(!)がある為に、また、多くの美術館がある場所として、ここに来ました。

写真は軽井沢駅。
思ったよりも小さな駅であったが、超シンメトリーな構成で、石材を用いたテクスチャーも美しい。
入り口から両腕を伸ばしたように広がる階段とデッキもシンメトリー。これまた美しい曲線美。
駅の前には屋外大型ショッピングモールがあり、
NIKEやadidasなどのスポーツ系以外にも、beamsとかagnus.bとか、意外と見れる店舗が多い。

【“軽井沢合宿 1日目”の続きを読む】

ジャン・プルーヴェ展


ジャン・プルーヴェ展 が、Smtにてはじまりました。
近いうちに観に行こう!

Allianz Arena


日本が北朝鮮に勝利し、世界で一番乗りというおまけつきで、
ドイツワールドカップ出場を決めました。よっしゃ。
後は本大会で前大会のベスト16を越える結果を見たいものです。

さて、ドイツワールドカップのメイン会場(?)になるアリアンツ・アリーナが完成したらしいです。

【“Allianz Arena”の続きを読む】

ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展


ニューヨーク近代美術館(MoMA)巡回建築展
「谷口吉生のミュージアム」

を、観に行く。
新宿近くのオペラシティーにて。

MoMAの増築の歴史なんかもきちんと紹介されていました。
それに加えて、土門拳記念館や国立博物館敷地内にあるやつとかも展示されていて、
これまた参考になりました。
計10プロジェクト位。

前にも書いたんだけど、前期に美術館とか住宅とか単一機能の設計をしっかりやりたいと思っています。
非常にいいタイミングでいい展示を2つ拝見させて頂きました。

模型という表現手法のパワーを感じた。

住宅プロジェクト2005展


GAギャラリーにて行われている、
「住宅プロジェクト2005展」
を観に行く。

5月22日までということで、ぎりぎり間に合った。
観に行って良かった・・・。ほんとに感動しました。
相変わらずアトリエワンの住宅兼アトリエはありました。
SDレビューに載っていたキャベツをモチーフとした住宅もありました。
安藤忠雄さん設計の海のそばにある住宅もありました。

勉強になった。

もう本当にお腹イッパイになれる展示内容でした。
もう終わっちゃうけれど、GA-HOUSES-86に全作品載っています。
間に合ってよかった・・・!!

ヨーロッパ・アジア・パシフィック 建築の新潮流2004-2005


「ヨーロッパ・アジア・パシフィック 建築の新潮流2004-2005」
を、観に行く。
会場は代官山にあるヒルサイドテラス。
代官山は噂通り閑静でお洒落でなかなか素敵な街だった。

展示内容は・・・確かに最新のプロジェクトが沢山紹介されていてはいたけれど、
「アーキラボ」のように夢や社会風刺がある訳でもなく、
かといって現実をしっかりと見据えているわけでもない気もして、
中途半端な印象を受けてしまいました。
造形に関してもそんな感じで、ちょっと不満アリ。

ただ、塚本さんのアトリエ・ワンの住宅件アトリエの極小設計には感動。
「ペットアーキテクチャー」にしろ、小規模な建築に豊かさを生み出す術については、
僕の中ではかなりのカリスマです。

東京1日目 ~阿部仁史講演会@建築会館~


本日4月22日から28日まで毎日選考があり、東京に来ています。
選考については書くことでも無いので、内容は日々の東京での活動とします。

----------

4月22日18:00~20:00
阿部仁史講演会@建築会館を聴講して。
あくまでも私的観点です。

【“東京1日目 ~阿部仁史講演会@建築会館~”の続きを読む】
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。